足がつる、その原因と対策とは

スポンサーリンク








先日の朝方、突然ふくらはぎがつりました。痛いですよね。

 

あ、つると思った瞬間に目が覚めて、慌てて足を揉んだものの、こむらがえりをおこしてしまい、痛みがおさまるまでおめいていました。

 

なんで足がつるんだろう、と思ってちょっと調べてみました。

足がつるとはどういうこと?

足がつるのは、足の筋肉が縮んえでしまって、伸びなくなった現象で、すぐにおさまるのが特徴です。こんなものが長く続いたらたまりません。

 

先日、足がつった時、次第にふくらはぎがカチンカチンに固まっいくのがわかりました。

 

あわれたえてもみほぐそうとしたものの一気に痛みのピークへ達し、すぐに痛みは遠のきました。

 

ふくらはぎに発生するこむら返りが最も多いそうで、ひどい場合には肉離れになることもあるようですから、単なるこむら返りだからといいって侮る事はできません。

 

足がつる原因は何なのでしょうか。

 

その第一は筋肉疲労です。

筋肉疲労が起因して筋肉と神経がうまくつながらない状態となっているのです。

 

その結果、筋肉の緊張や弛緩を調節する機能が鈍り、弛緩の制御ができなくなって発生するのです。

 

筋肉疲労は、沢山歩いたり、スポーツで筋肉を酷使してしまった場合には当然発生しますが、運動不足の為、筋肉の力が弱まり、疲労を起こしやすくなっていることも考えられます。

 

運動不足が考えられる場合は、ウオーキングをするなど、運動不足を解消して筋力をつけましょう。

 

 

筋肉が疲労してしまった場合は、湯船の中や寝る前に筋肉をマッサージしてあげましょう。

 

 

次に栄養不足やバランスの崩れが考えられます。

 

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの不足が起因していることが考えられます。

スポンサーリンク

 

ミネラルのバランスが崩れが、筋肉の異常興奮つまり痙攣を起こしているのではないかと考えられています。

 

ではどんな場合にミネラルのバランスが崩れるのか、水分の不足です。

 

お酒を飲んだ場合にはバランスが崩れやすくなっています。

 

又、極端なダイエットや食事をちゃんととっていなかった場合にも考えられます。

 

汗をかくことによって体内の水分が不足することによっても、バランスを崩す要因になります。

 

汗をかくのは夏ばかりではありません。冬の暖房の中でも汗をかきますし、寝ている間にはコップ1、2杯の汗をかくようです。

 

又下痢などの脱水症状によりバランスを崩していることも考えられます。

 

 

その他、冷え性の方は、血行不良が原因で体内にエネルギーが循環しないことによりバランスが崩れていることも考えられます。

病気

心当たりのない方は、睡眠の質が下がっていることや、病気の可能性もありますので、病院にいって専門医に相談した方がよいでしょう。

 

女性に多い鉄欠乏性貧血が引き起こすケースもあります。

 

糖尿病や脊柱管狭窄症、閉塞性動脈硬化症、椎間板ヘルニア、腎疾患、脳梗塞などでも足がつる事が知られています。

 

脚に動脈硬化がある人は、筋肉に十分な血流がなく、つる原因となりえます。

対策

水分補給をしっかり行いましょう。

こまめに水分を補給をしましょう。スポーツドリンクなどで補給すると良いです。

 

お茶やコーヒーなど利尿作用のある場合がありますので、水分補給にスポーツドリンクを取り入れるとよいでしょう。

 

ビタミンやミネラルを食事から採る

日頃の食事からビタミン・ミネラルを摂ることも筋痙攣を予防ためには重要です。

 

運動の前と後にストレッチをする

運動前にストレッチをすることで、血流が良くなり、つることを防ぐことが出来ます。

まとめ

いかがでしょうか。

 

足のつる原因は、運動不足や水分の不足です。原因ふを知り未然に防ぎましょう。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください