全日本フィギュアで高橋大輔復活できるか?圧巻の予選演技!

スポンサーリンク






冬のスポーツの注目は何といってもフィギュア男子、高橋大輔の復活でしょう。高橋大輔といえば男子フィギュアの第一人者。あの世界一と言われたステップは誰も追随できません。

しかし一旦引退しての再挑戦、しかも現在32歳。どこまであがってくるのでしょうか。決め手になるのは4回転ジャンプにかかっているのではないでしょうか。

私も勿論高橋大輔選手の大ファンでした。何といっても技術だけではないあれだけの表現力。ステップシークエンスではもう魅了され釘付けでした。

フイギュアは技術だけではなくやはり表現力ではないでしょうか。表現力の無いフィギュアは魂の入っていない作品と同じです。

高椅大輔の復活は心から望むものの、足に大きな怪我の経験があり、32歳という年齢。どこまで通用するのでしょうか。

西日本選手権の滑りから全日本選手権の活躍を予測してみたいと思います。

「全日本フィギュアで高橋大輔復活できるか?圧巻の予選演技!」として纏めてみました。

 

 

スポンサーリンク

高橋大輔選手の予選通過成績

高橋大輔選手の予選通過は圧巻でした。西日本選手権の成績は、SP83.56 FS161.11でした。

高橋選手の自己ベストは、SP95.55 FS182.72ですから、相当かつての力をもどしつつあるようです。

因みに、羽生が今季たたき出したベストの数字はSP106.69 FS190.43これはちょっと異次元の滑りですが。。

しかし西日本選手権の滑りをご覧ください。トリプルアクセルをきめています。

どうでしょう、圧巻の予選演技ですね。

4回転に挑戦したいとか。もしこれに4回転が成功すれば往年の成績にかなり近づくことになるでしょう。

何しろこの演技力は凄いですね。またステップの切れもさすがです、かつての高橋ですね。

ツイートの声は以下の通りです。

本選の予想

圧巻の予選演技の滑りをみれば、本選は相当期待できますね。トリプルアクセルも完璧にきめていますから、これに4回転を成功させることが出来れば相当食い込んでくるはず。

羽生は怪我の為、残念ながら全日本は欠場、宇野昌磨がダントツで表彰台に近いですが、田中刑事にどれだけ迫ってくるかが注目ですね。

今回の高橋大輔選手が違うのは精神面。一旦引退したあと、やはり滑りたいという思いから再び舞台に立っています。力の衰えはあるでしょうが、客観的に自分を見る冷静な目と衰えていない素晴らしい表現力。

そんなすぐに復活できるものだろうかと思ったものの、西日本選手権の圧巻の演技をみたらもしかしたらと期待させられます。

まとめ

この冬注目を集める高橋大輔選手の現役復帰。かつて世界のトップにいた高橋がどの程度通用するのか気になります。

全日本フィギュアでの圧巻の演技で予選を通過したことから、高橋大輔選手の復活及び表彰台は十分にあり得る事が想像できます。

若手に注目が集まるフィギュア界、高橋大輔選手の復活に期待したいですね。高橋大輔選手の復活は若い選手たちにも大きな刺激となる事でしょう。

「全日本フィギュアで高橋大輔復活できるか?圧巻の予選演技!」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください