京都曼殊院門跡の紅葉2018の見頃は?混雑状況や駐車場も!

スポンサーリンク








秋も深まってきました。秋からいよいよ、冬へと季節は移ろいます。

寒く凍った季節が訪れる前、山の木々は夏場に青々と繁っていた葉が、木の枝を離れ、土に積もる前、美しさを放ちます。

殊に日が傾き、世界の色合いが変わるとき、浮かび上がる紅葉はなんとも言えず美しいですね。

紅葉で有名なここ曼殊院(まんしゅいん)は京都市左京区にある天台宗のお寺です。

門跡寺院とは、皇族・貴族の子弟が住持となる寺院で、青蓮院、三千院、妙法院、毘沙門堂門跡と並ぶ、天台五門跡の由緒ある寺院です。

曼殊院の勅使門に続く白壁と石垣の間に連なる紅葉のが特に有名で、この秋ぜひ見に行きたい紅葉スポットのひとつです。

気になるのは、見頃や混雑や駐車場、などですね。

「京都曼殊院門跡の紅葉2018の見頃は?混雑状況や駐車場も!」としてまとめてみましたので、ご参考にしてください。

スポンサーリンク

京都曼殊院門跡の概要と紅葉2018の見頃

■京都曼殊院門跡の概要

拝観時間  9:00~17:00(受付は~16:30)
拝観料   一般600円/高校500円/中小学生400円
所在地   〒606-8134 京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
電話番号  075-781-5010

 

■京都曼殊院門跡の紅葉2018の見頃

京都曼殊院門跡の紅葉2018の見頃はいつ頃でしょうか?

京都曼殊院門跡の例年の紅葉の見頃は10月上旬~12月上旬で、2018年も同様に見頃を迎える事でしょう。

京都曼殊院門跡は最澄が開いた古刹で紅葉の名勝としても有名な寺院、間もなく2018年の見頃を迎えますね。

京都曼殊院門跡の紅葉では。よく知られる枯山水庭園が美しく色づき、鮮やかな姿で魅せてくれます。

曼殊院門跡は「古今和歌伝授」という口伝の古今和歌集の精神が庭園の中に取り入れて造営されたといい、今も平安の世の人々の心が息づいています。

この秘伝の文学的精神を表現し、建築・庭園の中に取り入れたのが、曼殊院、桂離宮といわれているそうです。

京都曼殊院門跡の紅葉2018の見頃に古の人々の息づかいをかんじながら、たっぷりとあじわいたいですね。

京都曼殊院門跡の紅葉2018の見頃のやって来る日が楽しみです。

京都曼殊院門跡の見頃の紅葉は、嬉しい事にライトアップされます。

期間:2018年11月上旬~下旬 17:00~20:00(受付終了19:30)

昼間とは異なる趣を見せてくれます。

 

■京都曼殊院門跡の概要と紅葉2018の混雑は

見頃の時期の混雑状況ですが、他の季節よりも混雑はします。

年配の方もいらっしゃいますので平日も結構混雑しています。

出来るだけ早い時間に来られることをおススメします。

■駐車場

駐車場 50台無料(普通車のみ)

出来るだけ早い時間に駐車されることをおススメします。

アクセス

■地図

■市営バス
JR京都駅より5番
地下鉄北大路駅より北8番
その他31番系統で
地下鉄国際会館駅より5・31番系統で
一乗寺清水町下車、東へ徒歩20分

■タクシー
JR京都駅より約35分
京阪三条駅より約25分
地下鉄北大路駅より約15分
地下鉄国際会館駅より約8分

■叡山電鉄
修学院駅下車徒歩約20分

 

ツイッターから

 

平安の時代の心を伝える京都曼殊院門跡の紅葉、美しいですね。平安時代の心を伝える庭園、紅葉で美しく映える姿を是非めにとどめおきたいですね!自然の美しい姿に心癒されます。2018年は平成最後の紅葉、時代も今移り変わろうとする今、最後の紅葉を目に焼き付けておきたいですね。

まとめ

京都曼殊院門跡の見頃の紅葉をぜひとも見に行きたいですね。ライトアップもうれしいところ。

「京都曼殊院門跡の紅葉2018の見頃は?混雑状況や駐車場も!」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください