ラジバンダリの意味や使い方は?いつ流行って消えた?画像も

スポンサーリンク








楽天のオコエ選手の契約更改がありましたが、200万円ダウンの1200万円でサインしました。

契約更改後の記者会見で報道陣から「(金額の)上がったり、下がったりは?」と聞かれると「ラジバンダリです。以上です」と答えて、今ダジバンダリと言う言葉が話題になっています。

ラジバンダリっていう言葉を聞いて、懐かしいと思った人も何?どういう意味?と思った人もいたでしょう。

お笑い芸人のラジバンダリ西井のギャグです。

田中毅とのコンビ「ダブルダッチ」時代のコントの中で、外国人女性に扮した西井が「〜たり、〜たり、ラジバンダリ」とギャグを発し、人気になりました。

ダブルダッチは2010年に解散は解散してしまいましたが、西井隆詞さんは「ラジバンダリ西井」に改名しました。

そこで「ラジバンダリの意味や使い方は?いつ流行って消えた?画像も」と題して纏めてみたいと思います。

スポンサーリンク

ラジバンダリの意味や使い方は?

オコエの記者会見で飛び出したラジバンダリ、ふぉういう意味なんでしょう。使い方はどうなんでしょう。

ラジバンダリとは、先にも書いた通り漫才コンビ「ダブルタッチ」のギャグ。

「ダブルタッチ」はボケ担当の西井隆詞とツッコミ担当の田中毅のコンビです。彼らのラジバンダリ、懐かしの画像がありました。

 

「~したり、~したり、ラジバンダリ!!」という響きが受けました。

ラジバンダリって意味ありそうで何の意味のない言葉なんですね。意味ありそうな韻をふんだ言葉の響きが可笑しいんですね。使い方は韻を踏んでなぜかおかしいですね。

使い方は「~したり、~したり、ラジバンダリ!!」何の意味も無い言葉です。

しかし「○○したり、××したり、ラジバンダリ」画像で何度も聞されると可笑しいし妙に耳に残りますね。

ラジバンダリはいつ流行って消えた?

画像は2008年の当時はやっていたお笑い番組レッドカーペットの一シーン。

そう、2008年頃に流行っていたギャグです。オコエ選手は今21歳ですから11歳、小学生当時に流行ったギャグですね。

こういう韻を踏んだ可笑しい言葉って、子供達に受けそうですよね!!

このギャグを流行らせたコンビ「ダブルタッチ」は、その後ひっそりと2010年に解散し、今はこの言葉を流行らせた西井 隆詞は、ピンで「ダブルタッチ西井」として活動しています。

突然、オコエの発言で再び注目を集めた「ラジバンダリ」どうやらまた流行りそうですね。

ラジバンダリ西井の経歴

本名 西井 隆詞(にしい りゅうじ)

生年月日 1975年6月27日

出身地 大阪府

血液型 AB型

身長 175cm

体重 85kg

サイズ B:115 W:100 H:100

靴サイズ 27.5cm

趣味・特技 ものまね、ガンダム、ワンピースグッズ収集、UFOキャッチャー パチンコ、スロット

資格 剣道三段、危険物取扱免状 丙種

靴のサイズが大きい!

まとめ

オコエ選手の契約更改で突然再び注目を集めたラジバンダリ。ひょっとするとはやるかもしれないですね。

ラジバンダリというナンセンスな言葉遊び。オコエ選手のおかげで再び人気をあつめるかもしれないですね。

2008年頃に流行り、当時の画像を見ると、どうしても耳に残ります。意味はなく使い方は「~たり、~たり」と重ねるだけ。2008年頃に流行ったギャクで、2010年には解散。忘れ去られていたところ、オコエにより発掘。

当時の画像を見ると、何か耳に残る可笑しい言葉です。

「ラジバンダリの意味や使い方は?いつ流行って消えた?画像も」としてまとめてみましたがいかがですたでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください