清水寺の紅葉2018の見頃とライトアップは?混雑や駐車場も!

スポンサーリンク








ようやく紅葉の見頃の季節となりますね。天気予報では毎日紅葉の色づき具合を知らせています。

ここ清水寺は京都旅行といえば必ずといっていいほど立ち寄る名所は、桜の名所でもあり紅葉の名所としても名高い場所です。

清水の舞台の下は錦雲渓と呼ばれる渓谷です。

秋には見頃時期になればカエデの木々が見事に紅葉します。カエデの木の下にいると、太陽の光がカエデの葉を通して、まるで赤のセルロイドを通したように、美しい光を浴びることが出来ます。

そして夜になればライトアップにより幻想的な姿がうかびあがります。

この美しいカエデを見頃の秋にぜひ見に行きたいですね。

「清水寺の紅葉2018の見頃とライトアップは?混雑や駐車場も!」としてまとめてみましたので宜しければぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

清水寺の紅葉2018の概要と見頃

■清水寺の紅葉2018の概要

名称       東山(清水寺)

住所       京都府京都市東山区清水1丁目294
入場料      大人400円/小人200円
木の種類     ヤマモミジ
昼の拝観時間 6:00~17:30

秋夜の特別拝観
期間    11/17(土)〜12/2(日)
時間    17:30〜21:00(受付終了)
入場料   大人400円/小、中学生200円

秋成就院庭園特別公開 
期間    11月17日〜12月2日
時間    9:00〜16:00(受付終了)   18:00〜20:30(受付終了)
入場料        大人600円/小、中学生300円

お問合せ       075-551-1234 清水寺

 

■清水寺の紅葉2018の見頃

清水寺の2018年、紅葉の見頃はいつでしょうか?

清水寺の紅葉の例年の色づき始めは11月中旬、見頃は11月下旬~12月上旬です。

ウエザーニュースで調べてみた所、2018年の清水寺の紅葉は11月10日現在色づきはじめており、見頃は11月23日頃から、落葉12月7日からとの予想です。

紅葉の見頃は気温に影響されます。最低気温が8度以下で始まり、それから3週間くらいで見頃を迎えるそうですので、見頃の情報は天気予報などで注視しておいてくだいね!

またツイッターからも生の声が聞こえますので参考になります。

尚、清水寺は今50年に一度の大改修を行い、檜皮葺の葺き替えや、舞台破損部分の修理などを行っているところで、2017年から2021年まで清水の舞台は全容が見えなくなっているのは残念です。

見頃の紅葉のモミジの背景に、ライトアップの背景に美しい舞台が見えないのはちょっと寂しいですね。

でも、シートに覆われた清水の舞台の内側は見学できますし舞台から景色を見る事は出来るのです。裏を返せば50年に一度の修復がどのように行われているのか見学できる絶好のチャンスでもあるのです。

渓谷には毎年と変わらぬ美しい見頃のモミジが色づき堪能できます。境内のヤマモミジの数は何と、1000本!

 

又この時期、「月の庭」と称された、京都屈指の名庭、成就院庭園が特別公開されます。江戸時代初期の作庭で、普段は非公開ですが、年に2回春と秋に公開されるのです。ライトアップもあります。

月の庭とは、心字池に夜空の月が池面に映る姿が、古より人々を魅了し、その美しさから「月の庭」とよばれるようになったそうです。

 

この成就院、今年2018年の大河ドラマ「西郷どん」と関連ある場所なんですよ。

若き日の西郷隆盛は一橋慶喜を将軍にすべく、運動していましたが、安政の大獄により僧月照とともに追い詰められ入水自殺を図りました。

その僧月照が住職をつとめていたのが成就院でした。西郷隆盛が密会する前、「忠僕茶屋」で一休みし、密会場所の清閑寺へと向かっていたのです。

もうひとつ音羽の瀧に近いほうに「舌切茶屋」があります。こちらは成就院の執事、近藤正慎が幕府に捕らわれ、京都・六角の牢獄で月照の行方を追及され拷問をうけます。しかし白状することなく自ら舌を噛み切って最期を遂げたことから名づけられました。今でも営業を続けています。

「忠僕茶屋」には月照が亡くなるまで忠義を尽くした下僕、大槻重助の子孫が、「舌切茶屋」には近藤正慎の子孫が今も営業を続けていらっしゃるそうです。因みに俳優の近藤正臣さんも子孫にあたるらしいですよ。

 

ちょっと脱線しましたが、成就院は清水寺とともにライトアップされた姿が見事です。三重塔が見頃の紅葉と相まって実に上品で美しいですね。

間もなく見頃になる清水寺、2018年の見頃の紅葉。2018年は平成最後の秋ですね。清水寺の見事な見頃の紅葉をライトアップされた姿を心に残しておきたいですね。

 

清水寺の紅葉2018のライトアップ

清水寺のライトアップは先に書いた通り、

秋夜の特別拝観  11/17(土)〜12/2(日)
時間       17:30〜21:00(受付終了)
入場料      大人400円/小、中学生200円

以前は、ライトアップの準備のために、昼間の拝観時間が終わると、一度門が閉まっていました。

しかし2016年の秋からは、昼から通してライトアップっを見学できるようになっています。

 

秋成就院庭園特別公開 11月17日〜12月2日
時間                 9:00〜16:00(受付終了)   18:00〜20:30(受付終了)
入場料                          大人600円/小、中学生300円

秋成就院庭園特別公開はライトアップの前に昼夜入れ替え(昼の公開はいったん終了する)となっているようです。

 

ところでライトアップの写真には必ず青い光が見えますが、これは観音さまの慈悲をあらわしているそうですよ。

清水寺の2018年の紅葉シーズン混雑や駐車場は

■清水寺の紅葉シーズン混雑状況

清水寺は京都観光の人気スポット。紅葉の見頃となる11月中旬から12月上旬にかけては大混雑になります。現在改修工事中なので人出はどんなものかと思いましたが、大変混雑していたという声が聞こえてきます。混雑は避けられないようですね。

特にライトアップは、清水寺へ向かう「清水坂」や「茶わん坂」(こちらの方が比較的すいている)は相当混雑して行列になるようです。入場までに1時間以上はかかってしまいそうです。

混雑する曜日は週末の金曜日から混雑し始め、土日祝は混雑します。可能なら平日がねらいめです。

見頃が近付けばだんだん混雑もピークにむかいますので特に11月23,24,25の三連休、及び最も見頃を迎える12月前後は大変混雑する事でしょう。

混雑をさけるには、朝早くから行くこと、そしてライトアップ時の混雑を避けるためにはライトアップ開始の時間から少し遅らせて20:30頃に入る事でしょう。

混雑も楽しみの一つとして喧騒をも楽しんで回る心の余裕が必要なようですね。

紅葉は特にライトアップは感動間違いなしですのでぜひおすすめします。

■清水寺の駐車場

紅葉シーズンの駐車場は早くから満車となりますので、公共の交通機関を利用されることをおすすめします。

敢えて車で行く場合はやはり早い時間に出かけて押さえてしまう事です。既に8時になれば満車の文字。渋滞が始まります!

〇京都清水坂観光駐車場

清水寺に一番便利な駐車場です。

観光駐車場はバス・タクシー優先のため,繁忙期及び混雑が予想される場合は,マイカーのご入庫を断られる場合があるようです。

場所    〒605-0862 京都市東山区清水四丁目161番地の5

駐車台数  バス55台/普通車59台

駐車場料金 バス2,500円/普通車1,000円/自動二輪400円/自転車200円(一日1回につき)

 

近隣の駐車場に停める可能性が高いです。

  • タイムズ五条坂清水寺前駐車場
  • タイムズ五条坂清水寺前第2駐車場
  • TOYOCARMAX 清水寺門前駐車場

他駐車場がありますが、車でお越しの場合は別の駅等から便利の良い駐車場に車を停めて、そこから公共の交通機関を利用するのも手ではないでしょうか。

アクセス

■地図

■電車

阪急電鉄河原町駅または京阪電気鉄道祇園四条駅からバスで清水道下車、徒歩10分。JR京都駅からバスで五条坂または清水道下車、徒歩10分

 

ツイッターから

間もなくやってくる清水寺の紅葉の見頃。ツイッターに寄せられたツイート、一件目は直近の様子と、昨年の美しい紅葉です。清水寺の紅葉は美しく、紅葉を語るのに避けては通れないですね。子供心に見た清水寺のい頃の美しいモミジを見上げた光景が未だに頭から離れる事はありません。

まとめ

現在改修工事に入っている清水寺ですが、やはり人気ある場所、混雑は避けられそうにないですね。朝早く行動する、ライトアップの集中時間をずらす、そして喧騒も楽しんで行かれるとよいでしょう。

素敵な感動を味わえることでしょう!

「清水寺の紅葉2018の見頃とライトアップは?混雑や駐車場も!」として纏めてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください