小田深山渓谷の紅葉2018の見頃はいつ?混雑や駐車場も!

スポンサーリンク








秋も後半に入り日も短くなり、本格的な秋シーズンが到来しました。

街でも夜になれば肌寒い風が吹く日もあり、又年末に向けての動き始めているようです。

夏に青々と茂り、風に揺れていた葉っぱも次第に色づき、既に山の上の木々は色を変えて紅紅葉の見頃を迎えているところも。

紅葉は北国と高い山から次第に街へと降りてきます。

ここ織田深山渓谷は四国、愛媛県にある紅葉の名所。愛媛県の山にも間もなく見頃の紅葉がやってこようとしています。

渓谷を彩るモミジは美しく、見頃がくるのが待ち望まれます。

気になるのは見頃はいつなのか、そして混雑や駐車場など。

「小田深山渓谷の紅葉2018の見頃はいつ?混雑や駐車場も!」としてまとめましたのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

小田深山渓谷の概要と紅葉2018の見頃は

■小田深山渓谷の概要

名称           小田深山渓谷
所在地          愛媛県喜多郡内子町中川MAP
問合先          0892-52-3111/内子町小田支所
絶景ポイント  遊歩道内「五色河原」「安芸貞渕」
紅葉の種類   モミジ、ケヤキ
問合せ先    内子町役場小田支所 0892-52-3111

 

■小田深山渓谷の紅葉2018の見頃は

小田深山渓谷の2018年の紅葉の見頃はいつでしょうか? 例年の小田深山渓谷の紅葉の見頃は10月下旬〜11月上旬です。

ウェザーニュースの紅葉チャンネルを確認したところ、小田深山渓谷の紅葉の見頃は10月31日頃〜ということです。例年通りか例年よりちょっと遅めというところでしょうか。

標高750~1560m、四国カルスト県立自然公園内にある渓谷です。

カルストとは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石の大地が雨水などで浸食されてできた地形です。

四国カルストは、日本三大カルストのひとつ(四国カルスト、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台)です。最も高い場所から石鎚山などの周辺の山々が一望できます!

紅葉の名所で、秋になると、20種類以上のモミジが美しく渓谷を彩ります。渓谷に沿って、約1.5kmの遊歩道があります。この遊歩道から秋の紅葉を満喫できます!

遊歩道の先に、安芸貞渕という絶景の渕があります。

この渕には大蛇が住んでいるという伝説があって、大きな一枚岩と群青色に輝く水辺を覗き込むと、今でも大蛇が現れそうな雰囲気があります。

四季折々様々な表情を見せるこの渕を見に多くの観光客が訪れます。

小田深山渓谷の2018年の見頃の紅葉まであとわずか、ぜひ見に行きたいですね。今年2018年は平成最後の秋。ぜひ小田深山渓谷の見頃の紅葉を心に残しておきたいですね。

小田深山渓谷の混雑状況と駐車場

■小田深山渓谷の紅葉シーズンの混雑状況

小田深山渓谷の紅葉シーズンの混雑状況はどうなのでしょうか。土日祝は一般的な行楽客による道路混雑はありますが、小田深山渓谷自体、口コミ情報を探すかぎり大きな混雑はなさそうです。

しかし秋の連休や土日の混雑状況はどこも大変、混雑する前、早めに出られた方が良いでしょう。又、可能なら確実に混雑のリスクが低い平日に訪れるのが良いでしょう。

■小田深山渓谷の駐車場

駐車場は100台駐車可能です。駐車場代は無料です。

アクセス

■地図

■車

松山自動車道内子五十崎ICから国道379号を経由し、県道52号を久万高原方面へ車で40km。

ツイッターから

小田深山渓谷の見頃の紅葉は実に美しいですね。ご覧になられた方も皆さん感動されていらっしゃいmす。さすがに人気を誇る紅葉スポット、ぜひ今年2018年の秋、美しい紅葉を見に訪れたいスポットですね。安芸貞渕の絶景の紅葉は見逃せませんね!

まとめ

いよいよ目前に迫ってきた小田深山渓谷の見頃の紅葉、楽しみですね。素晴らしい景観を今年も見せてくれることでしょう!

「小田深山渓谷の紅葉2018の見頃はいつ?混雑や駐車場も!」としてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください