万博記念公園コスモスフェスタ2018の見頃は?混雑や駐車場も!

スポンサーリンク








今年は夏の到来とともにいきなり猛暑が続き、そうかと思えば雨の災害も。大変な夏でしたね。

ようやく秋がやってきたようです。

秋といえばコスモス、今年も万博公園にコスモスの花が咲き乱れます。

ここ万博記念公園自然文化園「花の丘」には、30品種約30万本のコスモスが一面に咲き誇ります。

見渡すかぎりの花盛りの夢の世界。

秋にはぜひとも訪れたい所ですね。

気になるのは見頃や混雑や駐車場など。

「万博記念公園コスモスフェスタ2018の見頃は?混雑や駐車場も!」として纏めましたので、ぜひご参考にしてください。

スポンサーリンク

万博記念公園コスモスフェスタ2018の概要と見頃は

万博公園の象徴太陽の塔が、30年ぶりに再び開かれ岡本太郎の世界が注目を集めましたが、秋は何といってもコスモスですね。

■万博記念公園コスモスフェスタ2018の概要

開催地  万博記念公園 自然文化園 花の丘
住所   吹田市千里万博公園
開催期間 2018年 10月 6日(土)~11月 4日(日)
時間   9:30~17:00(入園は16:30まで)
休園日  10、11月は無休
入園料  自然文化園入園料/大人 250円/小中学生 70円

■万博記念公園のコスモスの見頃

コスモスの見頃は10月上旬~11月中旬です。30品種約30万本もの見頃の花が咲き乱れます。

間もなく始まる万博記念公園コスモスフェスタ2018、見頃の色とりどりのコスモスをたっぷりと味わうことが出来ます。

コスモスが咲き乱れるのは、万博記念公園 自然文化園にある花の丘。ここで見頃のコスモスに出会うことが出来ます。コスモスは品種によって少しづつ見頃は異なりますので、フェスタの頃が最も鮮やかな色合いをたのしめるかもしれません。

花の丘は季節によってその時々の様々な見頃の花を楽しめます。春には菜の花とポピー、カモミール、秋にはコスモスが咲き誇ります。

 

混雑や駐車場について

■混雑

万博記念公園コスモスフェスタ期間中は非常に混雑します。お花だけではなく太陽の塔や国立民族学博物館など人気施設を訪れる人に加えて、人気のコスモスフェスタ。万博公園は混雑します。

特に土日や祝日は大混雑し、万博記念公園コスモスフェスタの期間中は平日でも混雑します。駐車場は以下に記載していますが、すぐに満車になってしまいます。

特に会場に最も近い日本庭園前駐車場はすぐに満車となってしまうほどの混雑ぶりですので、車で行くなら開場と同時に入るくらいのタイミングで行った方が良いでしょう。周辺道路も混雑することになります。

万博記念公園には多数駐車場はありますが、万博記念公園コスモスフェスタの開催中は混雑するので、出来るだけ公共の交通機関を利用する事をおススメします。

■駐車場

園内の駐車場は5か所で、各駐車場と収容台数は以下の通りです。

日本庭園前駐車場 612台/東駐車場  998台/南駐車場1,218台/中央駐車場 971台/西第1駐車場 691台

 

駐車場料金

平日 2時間まで400円/2時間超3時間まで600円/3時間超4時間まで800円/4時間超 24時間まで1,000円

土・日・祝日 2時間まで600円/2時間超3時間まで900円/3時間超4時間まで1,200円/4時間超 24時間まで1,500円

 

利用時間

中央/日本庭園前/東/南 9時から17時30分まで(入庫は16時30分まで)

西第1 水曜日以外 9時から22時まで(入庫は21時まで)水曜日 9時から17時30分まで(入庫は16時30分まで)

駐車場の混雑状況は こちら からご確認ください。

 

アクセス

■地図

■各交通機関のアクセス

駐車場までのアクセスおよび各交通機関のアクセスは公式ページに詳しく記載されていますのでこちらをご参照ください。

自然文化園

コスモスの咲く自然文化園は、1970年に行われた日本万国博覧会のパビリオン撤去後、残った跡地の処理が問題になり、「自然文化園」が作られました。岡本太郎作の「太陽の塔」を中心に整備が進められたのです。

敷地面積 – 985,000㎡/芝生面積 – 265,000㎡/もの広さです。

全部で5つのエリアがあります。

■太陽の広場
万国博覧会当時は、この広場の上に大屋根が架かっていました。
岡本太郎の発想でその中に太陽の塔を建て、”爆発的”発想で屋根をぶち抜いていました。
現在も大変な迫力で迫ってきます。30年ぶりに内部を改修・公開し今人気のスポットです。

■茶摘みの里
里山の農村風景を感じさせるお茶畑があります。
毎年八十八夜(5月)前後に、お茶つみ大会を開催されます。

■森の舞台
直径42メートルの円形芝生の上に、大小12個の石が置かれて、12支の動物をあらわしています。

■春の泉
小さな石の砦がいくつも生えた広場で,水が沸いています。砦の中は洞窟になっていて、螺旋状の階段を上ると砦の頂上に顔が出せるというとてもユニークなスポットです。

■花の丘
季節ごとの花が咲き、秋にコスモスが咲き誇ります!

※マメ知識 コスモスの花言葉

コスモスの花言葉はよく知られていますが、色によって異なります。

ピンクは「乙女の純潔」

は「乙女の愛情・調和」

黄色は「野性的な美しさ・自然美・幼い恋心」

は「優美・美麗・純潔」

は「恋の終わり・恋の思い出・移り変わらぬ気持ち」

コスモスの愛らしい姿にぴったりですね。花言葉を思いながら鑑賞するのも楽しいですね。

ツイッターの声

 

かつて大勢の人々が夢を求めて訪れた大阪万国博覧会。あの時代の象徴的な文明先端のイベントが行われたその跡地に、今は美しい花が咲き誇ります。そして巨大土偶のような太陽の塔が、今でも圧倒的な姿と迫力で立ちつつけています。万博記念公園コスモスフェスタ2018、ぜひこの秋を楽しみたいですね。時間があれば今年から内部公開された太陽の塔を見たり、国立民族学博物館で異文化に接してみたり、充実した一日が送れそうですね!

まとめ

まもなく始まる、万博記念公園コスモスフェスタ2018は楽しみですね!

秋風に吹かれながら、万博記念公園の文化的な空気の中で充実した一日を送りたいですね!

「万博記念公園コスモスフェスタ2018の見頃は?混雑や駐車場も!」として纏めてみましたがいかがでしたでしょうか。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください